瑕疵担保保険とは?

無料会員登録 お気に入り物件0

瑕疵担保保険とは?

例えば、住宅を新築する時は建築基準法が定めた耐震性能を確保しなければなりませんが、出来上がった住宅がその性能を満たさない状態が「瑕疵」です。この場合、売主または請負業者は、補修により必要な性能を確保する義務があります。 新築住宅に瑕疵があった場合に、補修等を行った事業者に、保険金が支払われる制度です。また、保険への加入にあたっては、住宅の工事中に検査が行われます。
新築住宅であれば、住宅品質確保法に基づく10年間の瑕疵担保責任が義務付けられていますが、中古住宅には同法の適用がありません。宅地建物取引業者が自ら売主となっている場合は宅地建物取引業法により2年以上の瑕疵担保責任期間が義務付けられていますが、個人が売り主(宅地建物取引業者による「媒介」)となる場合、長くて数か月、物件によっては保証無しということもあります。

「中古住宅瑕疵保険」加入による安心の5年保証

新築住宅を購入する場合、買主様は売主である不動産会社から建物の保証を受けられます。つまり購入後に何か不具合が見つかったら売主が直してくれるのです。しかし、中古住宅では売主が個人であるために、引き渡し後に保証をするのは無理です。仕方のないことではありますが、それでは新築の方が安心だと思われても仕方ありません。そこで、国は中古住宅にも一定の基準をクリアすれば売買後最長5年間の保険を付ける制度を創りました。この保険に入ることで、買主様は引き渡しを受けたあとに発見された雨漏りや傾きといった隠れた瑕疵(欠陥)が保険で保証されることになるということです。

ところが、その制度についての不動産会社の理解度が足りないため、説明されずに取引を進められるケースが多いのが実態です。当社では、その保険に関する手続きとノウハウを国から直接指導を受け、皆様にご提供しております。保険制度を活用することによって、買主様が安心であることは当然のこと、売主様におかれましても、物件を引き渡した後に通常売主様が負担させられる瑕疵担保責任(物件に見つかった隠れた欠陥等が見つかった場合の補修等)について、その責任を保険で補うことが出来るようになります。

Copyright (C) illbee All rights reserved.