インスペクションと査定方法

無料会員登録 お気に入り物件0

インスペクションと査定方法

インスペクションで住宅の価値は1.2倍になる

買主様が中古住宅に持つ不安の中でもっとも多いのが「建物への不安」です。 新築が必ずしも安全というわけではありませんが、それでも新築は中古に比較すると建物ついての不安が少ないと考える人が多いようです。しかし、実際の中古住宅は相当にしっかり作られているものが多数あり、新築以上の耐震性を有する場合すらあります。それをきちんと事前に調べて提供することで、買主様は安心の取引が出来るのです。それがこの「インスペクション」という建物診断制度です。

このインスペクションを行うことで、買主様は購入後にどの部分を修理したりリフォームしたりすれば良いのか?という判断が可能となり、購入後の不安の一つである「リフォームにいくらかかるかわからない」という問題が解決します。 「売却の窓口R」では、売却にあたっては、まずこのインスペクションを実施し、買主様が心配であろうリフォームや補修に関する見積もりを事前に作成します。これによって、買主様の適切な判断が速やかに行われることとなります。

インスペクション(建物診断)とは、住宅のことに精通した専門家であるホームインスペクター(住宅診断士)が、第三者の立場から住宅の現状把握、欠陥・欠損の有無、リフォームや修繕の箇所は時期などおおまかな内容を適切にアドバイスを行います。 どのくらい耐久性があるか?欠陥の有無など見た目ではわからない部分などホームインスペクター(住宅診断士)が細かいところをチェックします。

ホームインスペクターは「住まいのかかりつけ医」として健康診断を行います。アメリカやヨーロッパでは住宅の取引全体の7割から9割で実施されています。 ただ、基準がないと消費者は困ってしまいます。そこで国土交通省では、既存住宅(中古住宅)売買時に行われるインスペクション(建物診断)について、平成25年6月に「既存住宅インスペクションガイドライン」を策定しました。平成30年4月には宅建業法改正により、中古住宅取引時にはインスペクション(建物診断)の実施に関する説明が必要となります

インスペクション(建物診断)で解決される「不安」

インスペクション(建物診断)を実施することで売主様・買主様それぞれにでてくる様々な不安を解決してます。

「瑕疵が見つかると売却できなくなるのではないか?」

「希望価格より大幅に値下げして売却しなくてはならにのではないか?」

売主様の不安は、瑕疵を修繕にて売却することで相場にあった価格で売却できる可能性が高くなります。瑕疵をそのままにして売却価格を決めても、瑕疵がない経年劣化のみの住宅と比較すると大きく値下げして販売するケースが多く見られます。瑕疵を修繕する際、既存住宅瑕疵保険に加入可能になる修繕やリフォームを実施しておけば、仮に売却になったあとに新たに瑕疵が見つかっても売主様にかわり保険が対応してくれます。瑕疵保険は大手仲介会社が独自に導入している「保証」とは異なり、保険期間が最長5年と長く、買主様の安心感はさらに高くなります。

インスペクション(建物診断)のメリット

インスペクション(建物診断)を住まいの欠陥探しと考えてしまう方がいらっしゃいます。
しかし、インスペクション(建物診断)は、建物の状態をしっかり把握することで売主様も安心して売却いただけます。

どうして?アイルビーホームは不動産の売却に強いのか?

Copyright (C) illbee All rights reserved.